世の中には腹の立つことが多い

ボクの生まれ育ちが悪いのか、性格が悪いのかは分からないが、よくカ~ッとなる。

頭の中で血が吹き上がってくるのを実感する。血の気が多いとも言う。

穏やかな人間から思えば何でもないことに腹を立てる。

逆に、腹を立てない人間は感度が鈍いのでは、と批判的に考える人間だ。

 

少し以前になるが、「暴走老人」という本を読んだことがある。

老人といえば、色々に経験体験して甘いも酸っぱいも分かっている人間、

と思われがちだが、人間というものはそんなに単純ではないらしい。

かくいうボクも今までの苦い経験体験に懲りず、同じことを繰り返す。

同じことをするならまだしも、次第に過激になってくる。

人生に開き直って、文句があるなら言ってみろ!と言いたくなる。

 

最近の若い女は、歩いていても避けるということをしない。

昔の女は譲るという美徳があったが、いまは自己主張が強すぎる。

ボクも避けることをしないので、もろにぶつかることもある。

ボクが睨むと、女の方も睨み返す。生意気な!素直に謝れ!ボクが通るんだ!